このページでは、「聞き流すだけ」で英会話力が向上すると、最近話題になっているスピードラーニングを紹介しています。

英語力向上教材:スピードラーニングを体験

今回のレビュー対象商品

スピードラーニングCD教材
  1. 初級コース
  2. 中級コース
  3. 上級コース

体験の理由:

英語横丁.comは、英語のリスニング力向上のための教材として英語オーディオブックなどを取り上げてきましたが、今回は、 「スピードラーニング」 という正規の(?)英語教材をご紹介します。

英語オーディオブックは「楽しい」ので長続きするという大きな利点があるのですが、「物語」中心であるため、実際の海外旅行海外出張などで役立つ会話が盛り込まれているわけではありません。

私は、仕事上でたまに英語を使うだけなので、いざ「海外出張」ということになると基本的なところ(空港・ホテル等)で「聞き取れない」という冷や汗状態になったりします。

これは、英語のリスニング力が「どういった英語を聴いてきたか」という経験により得意分野・不得意分野が出てきてしまうからだと思います。

日本語でも、知らない分野の講演(医療とか経済とか。。)を聞いてみるとさっぱりわからなかったりしますからね。

そこで、

海外で起こりうる場面を想定して作成されたリスニング力向上のための教材というのは使えるのか?

という疑問を解決すべく、最近「聞き流すだけで英会話力が向上」するということで話題の 「スピードラーニング」 を体験してみました。

スピードラーニングの理論とは?

体験人スペック
レビュー時点:2006/04/04
年齢: 3x歳
性別: 男
TOEIC: 700前後
英語環境: 主に仕事

  • メール:毎日
  • 聞く:週1回
  • 話す:月1回
  • 出張:年1~2回

ハリーポッター歴:

  • 日本語翻訳本2冊
  • 映画3本
  • 英語オーディオブック2冊
  • 英語原本1冊

スピードラーニングは、私がこのサイトで常々書いている「英語はイメージで覚える」ということを実践している教材です。

ただ、私の考えと少し異なっているのが「聞き流すだけ」という部分です。

実際体験してみた今でも、これだけは「ある程度意識して」聞いたほうがいいと思ってます。

以前「コラム」でも書きましたが、聞き流しているだけでは「お経を聞いている」のと同じです。

ですから、少なくとも「ながら聞き」ではなくきちんと聞いたほうがいいと思います。(電車など脳を使ってないのはOKです)

CDの構成は「英語のセンテンス」「日本語の訳」が交互に流れてある場面(空港など)での会話が進むような形式になっています。

これは、

といった英語上達の重要な項目をクリアする、単純な方式だけど、ノウハウのぎっしり詰まった形式だと思います。

さらに、テキストはCDの送付から1ヶ月遅れでくるという徹底ぶりです。

(私的な欲を挙げるとすれば、もう少し「英語」と「日本語」の間に"間"が欲しいかなぁ。。)

ブラボー

なお、価格的には各コースとも全16巻(初回2巻、毎月1巻)で、初回1万円強(2巻分)、月4,500円強)ということで、英語オーディオブック並の価格となっていて、個人的には購入しやすい価格帯だと思います。

初級コース

日常会話編ということで、旅行中やショッピングなど、使う機会の多そうな場面が多く収録されています。

会話自身は、ほぼ聞き取れるレベルですので、おそらくTOEICで400前後のレベルなのだと思います。

ただ、「聞き取れる」のと「話せる」の間には少々時間が必要ですので、聞き取れるからといって安心せずに、繰り返し聞いて「真似して話せる」くらいまでは聞いたほうがいいと思います。

中級コース

今後、レビューします。

上級コース

今後、レビューします。

スピードラーニングのまとめ

英語オーディオブックと異なり、英会話で頻繁に使われる日常会話、旅行会話などの英会話力の向上を「イメージ方式」(私の造語)で行える、とてもいい教材だと思いました。

詳細情報・購入は、下のアイコン(にしてはでかいなぁ。。)をクリックしてください↓↓↓