さて、

英語です

はぁっ~ (-。 -; )

ため息?

どうして?

聞けない
|(-_-)|

話せない
(-x-)

最初は誰でもそう

私の過去

ホテルで

Have a nice day !

ぱーどん

ホテル2

朝食を弁当にしてもらいたい

難関

モーニング
ランチボックス
プリーズ

What ??

新語作成

まだまだ
ある

英語圏
の人

聞ける
話せる

あたりまえ

英語は
能力じゃない

慣れ

こいつが
やっかい

みんな

日本語脳


日本語脳

英語脳に
変える

英語に慣れさせる

コツ

(1)

たくさん
聞く

(2)

真似して
話す

(3)

冷や汗を
かく

(4)

間違い
恐れない

(5)

楽しむ

英語環境
!重要!

おすすめ

オーディオブック

別名

朗読CD

理由

その1

楽しい

続け
られる

これ重要

その2

毎日
聞ける

電車で

寝る前に

その3

ネイティブスピード

現地の
スピード

でも。。

早すぎ?

iPod

スロー再生機能

徐々に慣れる

Let's begin!

始め
ないと

始まら
ない

ご静聴
ありがとうございました

 

英会話力向上のカギは3つだけ?!

英語は、英語を話す国で生まれた人は、当然のように話すことができます。

でも、日本で生まれた人はどうしても英語に抵抗があり、なかなか思うように話せません。

「教育が悪い」と言うのは簡単ですが、社会に出て実際「英語」が必要になると、そうそう他人のせいにして逃げることも出来なくなります。

私も、いわゆる「外資系」企業に就職したばかりに毎日、冷や汗の連続でした。ですが、流した冷や汗の分だけ、英語も上達していきました。

その過程で、私が学んだ英語上達の鍵は、以下の3点だけです。

英語に耳を慣らす

まず、1番目の「英語をたくさん聞く」ですが、英語には独特のリズムや強弱があり、日本語を聞くときとちがう「英語耳」が必要です。とにかく、英語のリズムに慣れていないと、ほとんど聞き取れないのです。

私も海外旅行に行ったときホテルで「Have a nice day!!」と言われたのに聞き取れず「Pardon ?」と聞き返し、赤っ恥をかきました。(でも、その冷や汗が力になります!)

と、いうことで日々英語を聞ける環境をつくりましょう。

冷や汗のコミュニケーション

次に、2番目の「英語で会話する機会」ですが、これも重要です。

なぜかというと、「聞いている」だけでは「冷や汗をかかない」からです。

どうも「脳みそ」は、ある程度の緊張状態になるとその「真価」を発揮するように私は感じました。

「相手が話している」、「突然質問されたが内容がよく聞き取れなかった(汗)」、「とりあえず"Pardon?"」。。。と、汗をかきながら「コミュニケーション」をとっていると本当に上達が早いです。

ただ、こういう会話の機会は、日本では待っていても「訪れない」ですから、「英会話学校」などのお世話になるしかないかもしれません。

とにかく続けること

英語圏の人はいやでも毎日英語漬けです。(笑)

日本で同じ環境を作ることは無理なので、「毎日少しでも続けられる環境」を整えるのが重要です。

「毎日続けられる環境」って何でしょう?

実は、「毎日続けたいと思える状態に気持ちを持っていく」ことなんだと思います。

楽しくないと続かない、面倒くさいと続かない、目標がないと続かない、達成度が見えないと続かない

そういうもんです。

逆に言うと、楽しく、手軽に、記録を残しながら、将来の自分の姿を想像して(ニヤニヤしながら)、やれるようにするということですね。

私は、最近コトソラというソーシャル英語学習記録サイト(?)で、英語の勉強記録をつけるようにしました。グラフで日々の勉強時間を見ると励みになりますね。

英語横丁.comの目標

このサイトでは、「英会話のリスニング能力を向上させるための教材」を中心に紹介しています。

まずは、英語のリスニング能力向上の教材として、 英語オーディオ・ブック(朗読CD)を取り上げました。

今後、「英語上達のためのコラム」や「英語教材のレビュー」を通して情報いっぱいのサイトにしていけたらと思います。

よろしくお願いします。